水素パワーで身体の内側から健康と美をサポート

水素の効果

活性酸素による害

活性酸素について 身体に様々な悪影響を及ぼす「活性酸素」

人間をはじめとする多くの生物は、酸素を体に取り入れエネルギーを生み出して生命をつないでいます。

しかし、取り入れた酸素の約2~3%は凶暴な「活性酸素」に変貌し、体に悪影響を及ぼしてしまいます。活性酸素による害は、細胞が「酸化」され、本来の性質が変えられてしまうことによって引き起こされます。

これは、鉄くぎが酸化して(さびて)ボロボロになるのと同じこと。

活性酸素によって変わってしまった細胞は本来の役割を果たさなくなったり、体にとって有害なものに変身してしまうのです。病気や老化にも、活性酸素が関係しているが、日本人の3大死因にもあげられるガン、心臓病、脳卒中などの生活習慣病も、活性酸素の影響を色濃く受けていることをご存じでしたか?

活性酸素が原因とされる病気

病気や老化の原因に酸化ストレス説、異常たんぱく質蓄積説や、ミトコンドリア異常説などがあります。加齢とともにその活性酸素が増えて悪さをしているのです。

活性酸素が原因であるといわれている病気に下記のようなものがあります。

活性酸素による病気の例

  • ガン
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中(脳梗塞)
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 白内障
  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • 白血病
  • 脳血管性痴呆症
  • 膠原病
  • リウマチ
  • 肺硬化症
  • 肺腺雑症
  • 肺気腫
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • 喘息
  • 小児喘息
  • てんかん
  • 高脂血症
  • 痛風
  • 脂肪肝
  • 骨粗鬆症
  • 歯周病
  • ガン転移
  • 虚血性脳挫傷
  • 腎炎
  • 肝炎
  • 膵炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 腸管腫瘍
  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • ストレス性胃腸障害
  • 胃粘膜障害
  • 皮膚潰瘍
  • 川崎病
  • ペーチェット病
  • 男性不妊症
  • 子宮筋腫
  • 生理不順
  • 不妊症
  • 自律神経失調症
  • クローン病
  • シミ・そばかす
  • 便秘
  • 老化
  • その他いろいろ

交感神経緊張に伴う顆粒球増加によるもの

活性酸素による組織破壊が原因の病気
ガン、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍、白内障、糖尿病、橋本病、甲状腺機能障害
化膿性疾患
急性肺炎、急性虫垂炎、肝炎、腎炎、膵炎、化膿性扁桃炎、おでき、にきび
組織の老化による病気
シミ、シワ、動脈硬化

アドレナリン(交感神経緊張に分泌される化学物質)の作用によるもの

血管が収縮することによる血行障害、虚血状態が原因の病気
肩こり、手足のしびれ、腰痛、ひざ痛、神経痛、顔面まひ、関節リウマチ、五十肩、静脈癌、痔、歯槽膿漏、脱毛、めまい、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、不整脈、動機・息切れ、偏頭痛、しもやけ、冷え性、アトピー性皮膚炎

活性酸素が関わる病気について

活性酸素が、それぞれの病気にどのような影響をもたらしているのか、一部の例をご紹介します。

ガン 発がん物質が体内で活性酸素を発生させ、細胞をガン化します。抗酸化物質を与えると発ガンが抑えられることからも、ガンの発症に活性酸素が関与していることがわかります。
動脈硬化 悪玉コレステロールといわれるLDLが、活性酸素で酸化変性すると、それを捕食したマクロファージ(大食細胞)が血管の内側に付着し、それが動脈硬化の原因になると考えられているます。コレステロールの多い食事を摂ると動脈硬化が起こりますが、そのとき抗酸化物質を与えると動脈硬化の発生が抑えられることがわかっています。LDLは悪玉コレステロールと呼ばれて悪者扱いされますが、通常は体に必要なもノン出。動脈硬化症が進行すると、血管壁の破片が血流に乗って移動し脳や心臓の微小血管に血栓を生じさせることがあります(脳梗塞・心筋梗塞)。
白内障 紫外線が水分や、銅イオンなどと反応して活性酸素を作り、水晶体内の細胞のタンパク質(クリスタリン)や、遺伝子を損傷して生じた異常タンパク質は、凝集しやすく、ほとんど分解されないため、加齢と共に酵素の機能が低下してくると水晶体内に次第に蓄積してゆきます。
長年のダメージの蓄積で水晶体が白く濁っていき、視力が極端に低下して「白内障」になります。
糖尿病とその合併症 糖が多くなるとインスリンが膵臓から出て糖を脂肪に変えますから、肥満を助長し、血圧を上げ、動脈硬化も進めます。肥満であればインスリンの効きは悪くなり、より多くのインスリンを作ろうとすい臓に負担をかけます。すい臓が疲れて十分な量のインスリンを作ることができなくなり血糖値が下がらなくなるのです。血糖値が高くなって糖がタンパク質を変性させると、細小血管が硬化して、神経障害や網膜症など合併症の原因になるものと考えられます。
アルツハイマー病 アルツハイマー病は、脳の記憶中枢などの特定部域において神経細胞内外に異常タンパク質が蓄積し、その有害作用で細胞死が起こり、神経機能が傷害される病気です。特に神経細胞外に溜まるタンパク質の凝集物(ヒドロキシラジカル)を産生して神経細胞死を引き起こします。また、神経細胞内に溜まる異常タンパク質(タウ)もアルツハイマー病の発祥と深くかかわっていると考えられています。
活性酸素

水素の効果 水素吸引は健康の源

なぜ水素が病気の予防や治療面での効能効果があるのかといいますと、水素吸入をすると、水素が体の中の「活性酸素を排除」し、その悪玉としての活動を防ぐ働きが近年の研究で明らかになってきたからなのです。

この水素の働きにより、水素には悪玉活性酸素が引き起こしていた、様々な生活習慣病や、ひいてはガンなどの様々な病気の予防や治療に効能効果があると期待されているのです。

水素を直接吸入する事で、体の隅々まで水素を行き渡らせ、様々な病気の根源となる「活性酸素の除去を促進」させます。

あなたも水素を吸って健康美を手に入れましょう!

水素の研究結果が注目

近年、水素が人体へどのような良い影響を与えるかを研究した結果が、各種メディアに取り上げられ注目を集めています。

下記にて、新聞や雑誌媒体にて取り上げられた記事の一部をご紹介いたします。

下記画像をクリックすると大きく表示されます

  • ※ 発行元の承諾を得て、転載しております。また、上記掲載資料のコピー・配布・販売に2次使用を禁じます。
  • ※ 掲載記事の発行元・記事の執筆者・関連する学会などへのお問合わせは、受付ておりません。